フォト

名古屋高校サッカー部

名古屋グランパス

無料ブログはココログ

スカパー

« 高校サッカー終了しました | トップページ

アギーレ後任を考える

日本サッカー協会は昨日、告発が裁判所に受理されたことを確認し、ついにアギーレ解任に踏み切った。

起訴された訳ではないので、まだ推定無罪の段階だが、代表活動への支障やスポンサーの手前、ここでの解任はやむを得ないだろう。違約金の請求は無いなど円満に話がついたようなので良かったが、相当お金はかかっただろうな…

となると、話題は次期代表監督に移る。

いろいろ候補の名前が挙がっているが、自分なりの条件として、

①ヨーロッパに精通していること。
→今の日本代表に最も必要なことは、アウェイの地で強豪国とTMを繰り返し経験値を上げること。そのためにはヨーロッパにコネクションを持った人物が相応しい。

②日本を熟知していること。
→日本人の特徴として、人のために尽くせるが突出するのを嫌う。この性格をチームとして良い方向に導けること。

③カリスマ性があり、サポーターやスポンサーに愛される人物であること。
→個人的に代表監督はモチベーターが良いと思う。
あまり監督が目立ち過ぎると選手が隠れてしまう懸念があるが…

④優れた参謀を用意できること。
→監督1人では仕事はできない。戦術、トレーニング、メンタル等々、サッカーは試合に勝つために必要な要素がたくさんある。

⑤日本を愛している。←これ重要!

⑤に関しては日本人監督が最も相応しいが、その他の項目でまだまだ見当たらないのが現状。

そこで浮上するのが、我らがピクシー!

④以外はすべて満たしている人物。

ベンゲルをはじめ、オシム、プラティニ、アンチェロッティ…アドバイス頂ける友人には事欠かない。

しかし監督としてはグランパスでの経験しかないので、代表を託すに経験不足は否めない。

そこで個人的意見として、

長年ベンゲルの右腕として、現在アーセナルのトップコーチであるボロ・プリモラツをコーチとして招聘できないものか。

元ユーゴスラビア代表キャプテンで、ピクシーがグランパス選手時代、ベンゲルの右腕としてグランパスコーチを務めていた人物で、ベンゲルにとって今でも欠かすことのできない参謀であろう。現実的には難しいか…

ピクシーのグランパス監督時代を見る限り、ハッキリ言って戦術に長けているとは言い難い。が、しかし、

就任会見で、優勝させるために名古屋に帰って来たと言い放ち、見事に結果を残した。

ピクシーはやると言ったらやるのです。革靴ゴールなど、人には無い特別な何かを持っている人間なんです。

ふ〜、ダラダラと、今考える個人的な願望を書いてしまいましたが、

結果が出せないで解任されるピクシーは見たくないという本音もあります。

グラサポにとって、ピクシーは永遠のアイドルですからね。

たわいも無い話を最後まで読んで頂いてありがとうございました。m(._.)m

ご批判は多々あるかと思いますが、日本代表には強くなって欲しい。そこでグランパスの選手が活躍して欲しい、ピクシーがヒーローになって欲しい。
ただそれだけです。


« 高校サッカー終了しました | トップページ

「グランパス」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165507/61083493

この記事へのトラックバック一覧です: アギーレ後任を考える:

« 高校サッカー終了しました | トップページ

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック