フォト

名古屋高校サッカー部

名古屋グランパス

無料ブログはココログ

スカパー

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

アギーレ

グランパスに元柏のレドミが加わり、

どんなサッカースタイルに変貌するのか楽しみではありますが、

せっかくスタメンに食い込んだ矢田とポジションが被るので、残念な面も。

若手を育成しつつ結果も出してほしいのはやまやまですが、

降格がちらつく順位では致し方ないか・・・


さて次期代表監督のニュースがチラホラ。

ピクシーとかペケルマンとか噂が出てきていますが、

どうやら元メキシコ代表監督アギーレ氏が本命の様子。

以前から、日本代表とメキシコ代表は体格フィジカル面が似通っている点から、

注目されていましたが-----(技術面では相当及ばないけど。汗)

自分が考える代表監督は、

まずは、ヨーロッパに顔が効き、アウェイで強豪国と多くのTMが組めること。

これが最優先かなと考えます。

そしてワールドカップが近づいたら給料奮発して、

ワールドカップで実績のある、

トーナメントでの勝ち方を知っている監督を招聘すること。

何も4年間同じ監督にやってもらう必要は無いと思っています。

ザックジャパンはポゼッションを重視するアクションサッカー、スペイン型を目指したのかな?

かたやアギーレのサッカーは、ショートカウンターを得意とする、

どちらかといえばリアクションサッカーで、見方によっては正反対のサッカー?

ということは、協会はこのままでは世界で勝てないから方針を変えたと見るべきか。

今回あらためて世界との差を痛感させられた現在、

スーパーな選手が揃ったスペインのようなサッカーを夢見るのではなく、

強国に敬意を払ったリアクションサッカーが、

日本代表には適している気がします。

日本のアクションサッカーは、

アジアでは通用しても、世界では通用しないことがよくわかりましたから。

でもアギーレ、相手選手蹴飛ばしたり、テレビ局との癒着が噂されたり、

一筋縄ではいかなそうな人物らしいですぞ。

国内では強化よりも勝利を望むスポンサーをもコントロールできない日本サッカー協会が、

アギーレをうまくコントロールできるのか、お手並み拝見ってところですね。

新たな目標へ…

グランパス終戦、ナビスコ予選リーグで敗退…

3連勝を果たし、自力で決勝トーナメント進出の可能性もあった今日の浦和戦。

見事に当たって砕けました。苦笑

WC中断期間に入り、新たな目標(残留?)に向かって仕切り直しです。


インハイ愛知県代表も決まりました。

自力の差か、結局プリンス所属の中京大中京と東邦に決まり、

この2校にはぜひ全国大会でいい成績を収めて欲しいものです。

インハイ出場校が、選手権も代表の座を射止めるということがあまり無い愛知県。

これで中京大中京と東邦の目が無いとすると、

東海学園、岡崎城西、刈谷…そして名古屋にも十分チャンスはあるんじゃないかと。

この暑い夏にどれだけ成長できるか、期待して見守って行きたいと思います。


Bチームは今日猛暑の中リーグ戦が再開、大同大大同Bに2-1で勝利!

息子はCBでフル出場。

まだまだ細かなミスもあるけど、

先にさわる意識、前への推進力、セットプレーでの期待感、

中心選手としての自覚、頼もしさが伝わってきました。

少し前まで「FWで使ってみてくれないかな〜…」って見てて思ったりもしたけど、

今は「こいつ、このチームではCBから外せない…」って思うようになりました。

まだまだ成長できるし、チャンスもあるはず。

受験という目標にシフトするため、7月での引退を決断した3年がいるBチーム。

勝利することが花道になるはず。

結果にこだわるプレーでチームを引っ張り、しっかり結果を残そう。

そして最後の目標、選手権に向かって頑張れ頑張れ!


« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック