フォト

名古屋高校サッカー部

名古屋グランパス

無料ブログはココログ

スカパー

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

県大会は決めたけど

新人戦名北地区大会準々決勝、
名古屋5-1明和。
これで最低限のノルマ、県大会への出場権は得ました。
前半はいつもとほぼ同じスタメンで、ようやく息もあってきたようで、1点入ったら立て続けに4得点、危なげない試合運び。
後半頭から1年が3人交代出場、ゲームは支配するもののエリアにはなかなか侵入できず、点差もありまったりしたゲーム展開。盛り上がる場面が無いので、見ているほうも県大会決めた試合とは思えない静かな終わり方でした。

あくまで私見ですが、
ゴールや縦への突破の意識が高い選手は可能性を感じますが、攻撃側の選手にFWがいなくなると、足元でこねたり足元で欲しがる似たようなタイプばかりになり、バイタルやエリアの中の相手DFを動かせる選手が足りない。
ニアへ飛び込み潰れる役目や、ダイアゴナルにトップスピードで侵入しDFを大きく動かせる選手がいない。
MFがFWやるとどうしても足元でもらいたがったり、おとりの役目ができずファーやバイタルで待ち過ぎる嫌いがある。
古いけどゴリ森山やゴン中山のようなニアで点で合わせるFWがいると、クロスが合わなくても潰れ役になり、抜けてきたファーでMFがシュート…なんてシーンが増えると思う。
速いニアへのクロスにつま先で触りゴール!ダイビングヘッドで飛び込んでゴール!なんてシーンはやっぱりFWにしかできないのかな〜?

頑張れFW、足元のテクニックでは及ばなくてもゴールへの嗅覚、ポストプレー、おとりになれる、潰れ役を厭わないFWらしい動きで勝負だ!

新人戦地区予選

新チームになって初めての公式戦がいよいよ始まりました。

昨日初戦、vs至学館 2-0
硬いクレーグラウンド。ボールが常に弾んで、普段人工芝に慣れてしまっている連中にとって明らかにやりにくそう。
強風も手伝い、決して褒められた内容ではなかったが、まずは初戦突破。

今日、vs名古屋北3-2
ホームでの試合。慣れた人工芝で昨日のようなことは無いだろう…と思いきや、前半いきなり2点のビハインド。
チャンスはあるが決めきれない中、前半のうちに39がヘッドで1点返し後半へ。
相手も疲れと金星へのプレッシャーからか、出だしから名古屋が攻める。
ゴール前、39の素晴らしいダイアゴナルの動き出しで右からのセンタリングをニアで合わせゴール、同点。
数分後、左サイドからまたまた39がミドルを決め逆転。
前半にも鋭い反転から抜け出してのシュート(惜しくもGK正面)など、今日の39はキレキレ。
エースらしい活躍でした。

昨日初めてトップチームのベンチ入りを果たした息子。
今日は中学同期がたくさん出ている北高相手だったので出たいだろうなって思ってたら、
残り5分でFWとしてピッチへ。
何もできなかったけど、味方を鼓舞しようと声だけは出てました。
気合だけは入ってた模様、同期の子にファールまでして怒らしてた…苦笑
一歩一歩前に進んで行こう。

これで準々決勝進出、勝てば県大会が決まります。
どこが相手でも簡単ではありませんが、
苦しみながらの勝利はきっとチカラになっています。
次も勝とう!

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック