フォト

名古屋高校サッカー部

名古屋グランパス

無料ブログはココログ

スカパー

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

愛知県ユース1部リーグ

昨日17節を終え、今週末の最終節を残すのみとなりました。

17節終了時点の戦績は以下の通り。

①東海学園 勝点43 14-1-2  優勝

②岡崎城西 勝点37 12-1-4  

③東邦    勝点34 11-1-5

④三好    勝点25 7-4-6

⑤松蔭    勝点24 7-3-7

⑥愛知    勝点23 7-2-8

⑦名古屋   勝点22 7-1-9 得失点差-8

⑧刈谷    勝点19 6-1-10 得失点差-10

⑨愛工大名電 勝点10 2-4-11

⑩愛産大三河 勝点7 1-4-12

この結果を見ると、東海学園の安定感は際立っていて、上位3校がチカラ的に抜けているのかな、選手層の差か?

下位2チームは、2部リーグ上位2チーム(名東および名経大高蔵がすでに決定)と入れ替えになるので、残念ながら名電および三河は降格が決まり。

問題は8位。

※東海プリンスリーグに所属する中京大中京が県リーグに降格した場合

※優勝した東海学園が入れ替え戦でプリンスリーグに昇格できなかった場合

以上2つが満たされると、押し出される格好で8位も2部に降格する可能性があります。

(この場合、来年度愛知県から東海プリンスリーグ所属はゼロ。これは問題!)

(中京プリンス残留、東学プリンス昇格となった場合はどうなるんだろう?)

現時点で、7位名古屋と8位刈谷の勝点差は3。

最終戦名古屋は引き分け以上で残留決定。もし負けたら刈谷の結果次第では、得失点差で降格の可能性のある8位に。

チームが強くなるためには強豪校との対戦が不可欠。2部所属ではトレーニングマッチにも影響が出るかもしれない・・・

なんとしても1部残留を果たし、来年も1部リーグで戦おう!

頑張れ3年生、結果を残せ!

頑張れ2年生、自分たちのために!

頑張れ1年生、成長するために!

そして来たる選手権県大会に弾みをつけよう!

 

経験、失敗、成長

最近息子は練習試合で、FWだけでなくセンターバックのポジションもやったりしています。

中学時代、基本FWしかやったことないので、本人相当戸惑っている様子。

でも前を向いて遠くを見るようになり視野も広がるだろうし、FWの仕掛けの勉強にもなるはず。

基本的にFWは自分に主導権があり、自分の判断で動き出したり仕掛けたりする。

DFは逆に相手に主導権があるため、相手のプレーにその都度対応しなければならない。

当然FWへのこだわりはあるだろうけど、FWもDF力が求められる今のサッカー。

どこで出ても全力でプレーして、失敗もたくさんしよう。

失敗の数が多ければ多いほど、チャレンジした数も多いということ。

チャレンジしなければ成長なし・・・!

日本代表とJリーグ

先日のアジア最終予選vsイラクに勝利し、我が日本代表はブラジルへの扉を8割がた開けたかな。

絶対負けられない戦い、とか言ってTV局は煽るけど、どうも冷めている自分がいます。

アジアの枠は4.5もあり、10年前ならいざ知らず、今の日本の立ち位置からすれば出場して当然だと思うからかな。

例えば、代表戦とグランパスの試合が被ったとする。

自分は迷わずグランパス戦を見るだろう。

なぜなら20年間家族同様に愛し、応援し続けているから。気持ち込めて応援できるから。

グランパス以外の代表選手は、Jリーグでは敵、もしくは敵だった選手たち。

グランパスや元グランパスの選手たちは、やはり活躍して欲しいと心から思えるけど、他の選手が活躍するのはあまり快くは思えない。

非国民でも何でもないので、日本代表はもちろん応援しています。

W杯でもいい成績を残して欲しいです。

中継も必ず見ます。

が、お金出してまで観戦したいとも思わないし、決してスタンドで飛び跳ねたりできない・・・

皆さん、Jリーグ見ましょうよ。親子代々応援し続ける愛するチームを持ちましょうよ。

閑散としたJリーグのスタンドを見るのは寂しいし、代表の親善試合ごときで満員になる理由が自分には理解できない。スペインなど強豪国との試合ならわかるけど。

Jリーグが発展すれば、必ず代表も強くなる。

最近グランパスから代表選手があまり出ていないので、ちょっとひねくれてみました・・・

実力と結果は必ずしも・・・

天皇杯2回戦、Jチームもここから登場。早くも波乱が起こりました。

J1首位争いしている広島が、四国リーグのFC今治にまさかの敗戦。

神戸、札幌、甲府・・・格下相手に不覚をとったようです。

いくらメンツを落としたとはいえ、勝てると踏んでのメンバーでしょうから、言い訳はできません。

サッカーはある程度のレベルにあれば、チカラ差があっても10試合やれば1~2試合は勝てるかもしれないスポーツ。

その1回が公式戦に巡り会えば、ジャイアントキリングが起こります。

グランパス対FC刈谷も、前半刈谷が先制していればジャイキリの可能性があった試合だと思います。

モチベーションやコンディション、戦術や努力、そして運、そういった要素がうまく重なれば可能性アリ。

そこで今年の愛知県。実力からすると東海学園、総体覇者名東、プリンス中京、続いて岡崎城西、東邦か。

高い確率で、この中から全国切符を勝ち取る高校が出ると思います。

9月17日に決まる県大会組合せにもよりますが、名古屋高校は実力からして今年も8強入りが現実的な目標。

実際のところ昨日東学に敗れ、県1部リーグで7位8位の残留争い真っ最中。プリンス中京の結果如何では2部降格もありえる状況です(汗)

リーグ戦残り4試合、なんとか1部残留を決めて、気持ちよく選手権に臨んで欲しい。

そしてジャイキリ・・・?

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック