フォト

名古屋高校サッカー部

名古屋グランパス

無料ブログはココログ

スカパー

« 2007年3月 | トップページ | 2012年7月 »

次負けないこと!

いやー、負けちゃいました。ホームで負けたってのは余計に悔しいですね。

ボールポゼッションは圧倒的にグランパス(特に前半)だったので、こういう試合は決めるとこ決めとかないと、いやな感じになるなとは予感してたのですが、Kの先制点で一安心・・・も束の間、ピチブーの1点目がいかにも早く取られすぎました。広島のプレッシャーが無いのでいつになく増川がシュート撃ちまくり、遂にJリーグ初ゴール決めましたが、これまた束の間の喜び・・・悪い流れは断ち切れないもんですね。俊哉1発退場、PKで逆転、挙句の果てにジョンウまで。もう止まりませんでした。

後半頭からケイタに代えて玉田。広島の最終ラインがあまり上らないので、スペースで受けるケイタより玉田を選択したのは、戦術的に理解できます。でもフィットしてない感じ、調子は良さそうなんですけどね。

今のグランパス(昨年後半からですが)の得点パターンからすると、ある程度カウンター気味にはまらないと難しい気がします。バックライン上げさせといて(攻めさせて)カットし速攻、みたいな。引いた相手をいかに崩していくか、これがこれからの課題かな。

運良く俊哉・ジョンウの出場停止は、次の公式戦となるナビスコカップの鹿島戦(カシマ)が対象みたい。カシマで勝てないのは悔しい・・・負けるって思ってないですけど!・・・ですが、次節リーグ戦・アウェイ大宮には絶対勝ってもらいましょうや!

4連勝、首位キープ!

アウェイ横浜FCに見事逆転勝利し、開幕4連勝!順位表のいちばーん上を今週もキープです。

無失点記録は途切れてしまいましたが、失点後4分間で逆転するとは、落胆する暇もありませんでしたネ。ナラの負傷退場は気になりますが、打撲なら大事には至らないでしょう。

サッカーは次のプレーを予測した動きが得点を生みます。ホンディの粘りのディフェンスから生まれた1点目。ジョンウがキープすると増川がクロスを上げるポジションに開き準備、ゴール前のケイタは増川からのキャノンクロス?を予測し、それまでいたディフェンスの背後から先にボールに触れるニアにポジションチェンジ。ジョンウ・増川・ケイタ3人のイメージが見事合致し、スーパーゴールが生まれました。2点目はもうお決まりのパターン。ハーフウェイライン付近にいたヨンセン、ファーにつめたK、ホントよく走ってます。皆が次に起こるイメージを共有できてます。

今教えている小学生を見て感じることは、予測して動くことがなかなかできない、次のプレーがイメージできてないという事。練習を繰り返すしかないと思うんですけど、もっとサッカーを見てプレーのイメージを頭の中で思い描いて欲しい。でもテレビでやらないもんなー、Jリーグ・・・。

« 2007年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック