フォト

名古屋高校サッカー部

名古屋グランパス

無料ブログはココログ

スカパー

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

審判は絶対?ありえない!

結果を見ないようにして、今BS-iの“何ちゃって生中継”を見終わりました。最初にお断りしておきますが、私は普段冷静です。が、

試合、ぶち壊しだー!

いい加減にしろよ、家本!

試合開始から、小学生に反則を教えているようなフエ、ピーピー吹きやがって! 

秋田が何したって言うんだよー!

今日ばかりは冷静になれません。あなたはきっと思い込みが激しい性格なんでしょうな!

増川のトップ先発とか、豊田投入前の古賀のトップ起用とか、いろいろ書きたいけど、

今日は冷静に書けません!

ううー・・・、何とかしたい・・・い、家本・・・。

瑞穂 燃ゆ!

夏休み最後のホーム瑞穂開催、好調グランパスと重なってか、チケットはほぼ完売。4時半に到着しましたが、長蛇の列に驚きました。

前半、満員のサポーターを背にガンバを圧倒、見事な試合展開を見せて2点先取、今のグランパスは点が取れます。加地のオーバーラップに気を取られていたら、二川のアーリークロスにバンドが反応し1点差。瑞穂が静まり返った直後、出ました本田!スーパーフリーキック!。その前にもバー直撃のシュートがありましたが、まさに“レフティモンスター”がふさわしいパンチ力、小倉も真っ青と言ったところでしょうか。ヨンセンの献身的な守備・ポストプレー、復帰赤影マレクの奮闘もあり、ホント前半は強いグランパスに興奮させて頂きました。

しかし後半、初先発の津田が足攣って交代した辺りから、ガンバの速いパス回しに翻弄(特にフェルナンジーニョ)され始め、不可解なPKで失点。1点差になり守ろうという意識から足が止まり、ゴール裏から遠いピッチでの展開ばかりが目立つように。藤田が交代したためか、リズムに変化が付けられず、ガンバの攻撃をまともに受けては失点は時間の問題か。案の定、最後に追いつかれてしまいました。アーア

でも上位相手に互角に戦えたことは収穫。試合は90分、1試合を通して前半のような展開が続けられれば言うことないですが、体力的にキツイ。ましてガンバのようにあれだけ速いパス回しで振り回されると、そりゃ体力も尽きますから、これからの課題として、ボールポゼッションを上げ自分たちのリズムで試合を運び、汗をかかない“ボール”を多く走らせること。理想ですけどね。

アウェイ鹿島戦、ヨンセンが代表召集のため出られないのは痛いです。でも豊田のいいお手本になってると思うので、私としては試して欲しいです。グランパス創設以来、鹿島スタジアムでの勝利が私たちの夢です。小笠原もヤナギも出ないアントラーズに是非とも勝利して欲しい・・・。

ヨンセン、ナイスガイ!

  予定通りトヨスポ行って来ました。昨日のレギュラー組はアップシューズでの軽い練習で早上がり、明るいうちにヨンセンが出てきてくれました。スポーツバックにサインを貰ったあと、家族と一緒に記念撮影。

私「あなたが点を決めてくれて、私たちはハッピーです。」

ヨンセン「ありがとう、今度の試合でも点を決められるよう頑張るよ!」Photo_1

以上のような会話が成立したと思う・・・。ホントかなぁ。 

その後、きれいな奥さんとかわいい茶髪の赤ちゃんを連れ添って笑顔で帰って行きました。暗くなってからマレクも出てきたので、サイン貰ったあと、

私「ケガのほうは大丈夫かい?」

マレク「まったく問題ないさ!OK」

以上のような会話が成立したと思う・・・。たぶんホント。  

全治4週間と聞いていたので心配していたけど、宮本と同じようなマスクをして通常メニューをこなしていたので、次節は復帰できそう。さあ、ホームでガンバ戦。強いグランパスを生で見せてくれ!

やっぱ、上位は強ぇぞ!

アウェイ川崎戦、インターネットライブ中継で後半のみ視聴しました。流れは最後まで川崎でゲームを支配、負けるべくして負けましたね。前半39分に須藤・杉本OUT、増川・渡辺INということは、今日のスタメンでは機能しなかったということ。やはり、本田の出場停止が響いたみたいです。失点シーンを振り返ると、スピの抜けた高さ、ゾーンディフェンスの弱点をついたジュニーニョの動き出しにやられました。確かにスピの不在は痛かったですが、ゾーンディフェンスの完成にはまだまだ時間が必要かと思います。

しかし今日も2点取りました。後半、ヨンセンが必死で繋いだ玉ちゃんのフリーシュート、あれ決めなきゃ!今の攻撃陣は2、3点取る力はあります!玉ちゃんが落ち着いて決めてくれれば、相当破壊力あると思うんです。ホームでは、上位相手でもかなりやれそうな雰囲気は感じました。

セフはどーも藤田を使いたがらないようですが、どうしてかな。2、3年先のグランパスを考えて、あえて使わないのかな。ジョンウとの共存は避けてる感じですよね。まー、素人にはわからない深ーい考えがあるんでしょうな。

そういえば、直志の代表入りに触れてませんでしたが、正直嬉しいです。瑞穂で私めがけてサインボール投げてくれたあの直志君、個人的に思い入れがありますので、ホント嬉しいです。何とか定着して欲しいですね。本田もゼッタイ選んでよね、オシムさん!

明日夕方、家族でトヨスポ行く予定です。目的は“ヨンセンのサイン”。いい人みたいなのでぜひ生で会いたくなりました。って言うか、コーチ仲間の声でか星人さんが、すでに貰ってきたので羨ましくて・・・ミーハー!

4連勝、本田はホンものダー!

ここ数試合、本田のプレイには目を見張るものがありますね。センスの良さは入団前からわかってましたが、春、練習を見に行った時、本田の頑張りには驚きました。妥協せず最後まで一生懸命走ってる姿を見て、『今年はやりそー.....』と感じたことを思い出します。去年は運動量の少なさを指摘されてましたが、彼、今年は走ってます。守備も一生懸命やってます。

“オシムさん、こいつぁ使えまっせ!”

磐田戦もキープ率では下回りましたが、今後もあえてゲームを支配する必要はないと思います。今勝てているのは、少ない決定機ながら、①先制点が取れている、②2点目が取れている。いくらゲームを支配し多くの決定機を作っても、はずしまくればディフェンスも集中切れて失点しちゃいますからね。心配なのは玉ちゃんです。シュートの時、ちから入りすぎ。今はヨンセンいるから、“俺が!俺が!”じゃなくて、もう少し気楽にプレイして欲しいなぁ。

さあ、これからが正念場。川崎・G大阪・鹿島と続きます。いつまでも連勝が続くとは思いません?が、とにかく一生懸命のプレイを魅せてよね!(ガンバ戦は観に行くよー)

うかれちゃダメ!

また勝ちました、スコアだけ見れば圧勝の5-1!

まだ試合見てないので詳しくはコメントできませんが、現地からの報告?(友人)によると、甲府のほうがいいサッカーだったみたい。カウンターで5点取りましたが、シュート数を見ても倍以上甲府が上回ってますもんね。玉ちゃんがインタビューで危機感持った発言してたので選手も自覚してるみたいだし、浮かれることなく見守りたいと思います。

しかし、希望通り3トップ実現しました!ヨンセン・ケイジ・ケイタで、

Y・K・K 3トップ!

ファスナーのようにうまくかみ合って欲しいところです。おあとがよろしいようで・・・

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック