フォト

名古屋高校サッカー部

名古屋グランパス

無料ブログはココログ

スカパー

« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »

引き分けじゃダメでしょ!

 今回は下位の京都が相手だし、ホームだし、ピクシー見てるし?引き分けじゃダメですよねぇー。玉田が発熱で欠場、FW不足とはいえ、藤田も復帰して結構チャンスがあっただけに勝てた試合でした。後半3バックにシステムを変更したのは、セフの意図として、より攻撃的なはずだったと思うのですが、早々に直志が先制点を決めたのをきっかけに、守ろうという意識が出たのかリズムが途端に悪くなりました。案の定3バックのスペースを突かれ始め、パウリーニョの失点は4バックなら防げたのではと思うようなシーンでした。ホームで勝ちに行った結果ですから、攻撃的なシステム変更は評価しなければいけませんが、3バックって練習してたんですかね・・・。もう少しこれからのグランパスの形“攻撃的4-4-2”を貫いて欲しい気もします。でも今FWいないからしょうがないのかなぁ。

 あぁ、イカン、イカン!

 今、我がグランパスは強いチームに生まれ変わるために試行錯誤しているのだ!迷ってはイカン、不信感を抱いてはイカン。セフを信じよう!うちのリビングの壁には、子供と一緒に撮ったセフの笑顔の写真が飾ってあるではないか!WC中断後、生まれ変わった新生グランパスエイトの面々が、きっと我々の心を満たしてくれるはず?なんだけど・・・。・・・・・・ちょっと不安100cimg0951_cimg0951_1 

引き分けで良しでしょ!Part2

 グランパスの現状とレッズの勢いを考えれば、現実味溢れるスタメンも納得がいくし、プラン通りの結果(本田のあのシュートには目をつぶって・・・)だったのではないでしょうか。

 セフの考えとして、4-4-2がベースにあるのは間違いないと思うのですが、今のグランパスがレッズ相手に勝点を得るためには、このシステムがベストということでしょう。将来的には攻撃的な4-4-2で、どんな相手にもスタイルを崩さず戦えればいいのですが、まだその段階ではありません。プロですから、チームを作り上げる過程においても勝点は得ていかなければならず、でないと降格の恐れ、セフの首も危うくなってしまいます。

 チャンスは必ず来ると信じて家族揃ってBS-iで観戦してましたが、本田のあのシュート・・・さすがにみんなでずっこけました。今度は決めてくれよー!本田ー。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック