フォト

名古屋高校サッカー部

名古屋グランパス

無料ブログはココログ

スカパー

トップページ | 2006年3月 »

同じサッカー?

 グランパスの練習試合の結果には一抹の不安を覚えますが、WC中断まではながーい目で見ていこうと心に決めました。フェルフォーセン新監督になって過剰な期待を抱いていた自分を、今反省しています。セフも就任当初、『時間はかかるが・・・』と言っていたではないか。その通り!時間かかって当然ですよね。何せ昨シーズン残留争いをしたクラブなんですから!高望みしてはいけませんよね。

 話は変わりますが、昨夜代表のインド戦を見てがっかり。特に前半、何で自分でチャレンジしないのか!せっかくレベルの低い相手なのに、何で個人をアピールしないのか不思議に思います。コンビネーションの確認も大切かもしれませんが、あんな相手(インドの方、失礼!)に、仮想オーストラリア、仮想クロアチアもあったもんじゃない。それより代表に残れるよう個人をアピールすべきじゃないかなぁ。もっとわがまま出していいと思うんだけど・・・。まあ、長谷部は良かったですね。グランパスの選手が出ていないのが何とも寂しい限りです。

 その後、CLチェルシー対バルサ見ました。ホント、同じサッカーですか?田んぼのような悪条件のピッチにもかかわらず、最高のパフォーマンスを発揮できる能力はとてつもなく世界との差を痛感させられました。先日のアメリカ戦で何度か足を滑らせてピンチを招いていた代表を思い出し、こういうところが世界との差なのね・・・、ため息が出てしまいます。日本のピッチは良すぎて、日本人は整備された最高のピッチでしかサッカーができなくなっています。だからトラップが上達しない、最後の一踏ん張りが利かないのではないでしょうか。トヨタスタジアムのピッチ、悪いまんまのほうがいいかもね。

 ところでメッシ、最高ッス!

寂しい話題が続きます

 何か最近、寂しいニュースが多い気がします。

★小倉隆史、引退 : どこかのクラブ(FC岐阜?)で今年もプレーしてくれると思ってた。

★ジャンルカ・トト富樫氏、エジプトで他界 : 今だ、信じられません。

★マルケス、横浜Fマリノスに移籍 : 背番号19だって・・・ァァ正式発表。

★新生グランパス、2敗2分結果出ず : ケガ人多いし・・・、これからだよね。

★ウェズレイも広島へ : ま、いいか。

★岡山、新潟へ完全移籍 : ちょっと寂しかった・・・。

★秋田キャンプ終盤に捻挫、全治4~6週間 : 残念だろうなー。

★春日井西部JSC・Dチーム、春日井ジュニアリーグで惜しくも4位 : うちの息子、残念。

などなど。これから開幕までは明るい話題でお願いします(開幕してからもね!)。

例えば、

☆玉田爆発!代表当確。

☆本田覚醒!小倉の再来か?

☆スーパー直志、代表定着!

☆スピラール鉄壁守備!セットプレーでも脅威。

☆藤田さすがNO.10、PIXYを思い出す!

☆金・青山、完璧ボランチコンビ!

こんな見出しがスポーツ紙に躍るのを期待してます!

マルケスが・・・!ジャンルカさんが・・・!

 以前から噂もありましたし、グラウを解雇した時点からいやな予感がしていたのですが、あのマルケスがどうやらマリノスに決まってしまったようですね。ピチブーがいる時はひたすら“給仕役”に徹し、抜けた途端ストライカーとしてチームに多大な貢献をした、私個人の中ではPIXYにも匹敵する才能を持ったあのマルケスが、です。移籍金に相当かかる(5億?)と聞いていたので、アトレチコ・ミネイロに残留するものだとばかり思っていました。NISSAN、ちからありますねー。これでマリノスは一気に優勝候補に躍り出た感じです。マリノスというチームはあまり好きではありませんが、マルケスはぜひとも応援したい(グランパス戦は除く・・・)と思います。

 それと今日のニュースでショックだった事がもうひとつありました。サッカージャーナリストの“ジャンルカ・トト富樫”こと富樫洋一さんが、エジプトで突然他界されました。彼のコラムなど楽しく拝見させていただいていたのでショックですね。ただただ、ご冥福をお祈りするばかりです。

 ところで我がグランパスは、玉ちゃん(マルケスに負けるなー!)も全体練習に合流しましたし、キム・青山も揃いました。新生グランパスへの期待が日に日に大きく膨らんできます。息子がグランパススクールに通っているため安くチケットが購入できるので、スタジアムに足を運ぶ事が可能な日曜日開催の分はさっそく申し込みました。あぁ、開幕戦が待ち遠しい・・・。

2006初戦

昨日キャンプ地指宿で、ロッソ熊本との練習試合がありました。

フェルフォーセン新体制になって初めての試合とあって、非常に興味があったわけですが、結果(1-1)からみるとまだまだこれからだなという感じですか。ワイド4-4-2ということで、ベンゲル時代を思い出しますが、当時は平野・岡山というサイドMFにぴったりな選手がいて、トップにはあのPIXY。“トップに預けてサイドに展開・・・”など考えると、2トップの一人にはかなりの技量が要求されますね。玉田?藤田?直志?本田?・・・平林にも期待したいですね。

さてさてこれからです。我々サポーターは結果だけに左右されることなく、長ーい眼でフェルフォーセン率いる新生グランパスの成長を見守りましょう!

今流行のブログ?

何だか訳わからないけど、ブログってやつを作っちゃいました!

家族で名古屋グランパスエイトを応援しています。

トップページ | 2006年3月 »

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック