フォト

名古屋高校サッカー部

名古屋グランパス

無料ブログはココログ

スカパー

アギーレ後任を考える

日本サッカー協会は昨日、告発が裁判所に受理されたことを確認し、ついにアギーレ解任に踏み切った。

起訴された訳ではないので、まだ推定無罪の段階だが、代表活動への支障やスポンサーの手前、ここでの解任はやむを得ないだろう。違約金の請求は無いなど円満に話がついたようなので良かったが、相当お金はかかっただろうな…

となると、話題は次期代表監督に移る。

いろいろ候補の名前が挙がっているが、自分なりの条件として、

①ヨーロッパに精通していること。
→今の日本代表に最も必要なことは、アウェイの地で強豪国とTMを繰り返し経験値を上げること。そのためにはヨーロッパにコネクションを持った人物が相応しい。

②日本を熟知していること。
→日本人の特徴として、人のために尽くせるが突出するのを嫌う。この性格をチームとして良い方向に導けること。

③カリスマ性があり、サポーターやスポンサーに愛される人物であること。
→個人的に代表監督はモチベーターが良いと思う。
あまり監督が目立ち過ぎると選手が隠れてしまう懸念があるが…

④優れた参謀を用意できること。
→監督1人では仕事はできない。戦術、トレーニング、メンタル等々、サッカーは試合に勝つために必要な要素がたくさんある。

⑤日本を愛している。←これ重要!

⑤に関しては日本人監督が最も相応しいが、その他の項目でまだまだ見当たらないのが現状。

そこで浮上するのが、我らがピクシー!

④以外はすべて満たしている人物。

ベンゲルをはじめ、オシム、プラティニ、アンチェロッティ…アドバイス頂ける友人には事欠かない。

しかし監督としてはグランパスでの経験しかないので、代表を託すに経験不足は否めない。

そこで個人的意見として、

長年ベンゲルの右腕として、現在アーセナルのトップコーチであるボロ・プリモラツをコーチとして招聘できないものか。

元ユーゴスラビア代表キャプテンで、ピクシーがグランパス選手時代、ベンゲルの右腕としてグランパスコーチを務めていた人物で、ベンゲルにとって今でも欠かすことのできない参謀であろう。現実的には難しいか…

ピクシーのグランパス監督時代を見る限り、ハッキリ言って戦術に長けているとは言い難い。が、しかし、

就任会見で、優勝させるために名古屋に帰って来たと言い放ち、見事に結果を残した。

ピクシーはやると言ったらやるのです。革靴ゴールなど、人には無い特別な何かを持っている人間なんです。

ふ〜、ダラダラと、今考える個人的な願望を書いてしまいましたが、

結果が出せないで解任されるピクシーは見たくないという本音もあります。

グラサポにとって、ピクシーは永遠のアイドルですからね。

たわいも無い話を最後まで読んで頂いてありがとうございました。m(._.)m

ご批判は多々あるかと思いますが、日本代表には強くなって欲しい。そこでグランパスの選手が活躍して欲しい、ピクシーがヒーローになって欲しい。
ただそれだけです。


高校サッカー終了しました

次男の高校サッカーが終わりました。

選手権県大会敗退時点で退くものと考えていたので、予想より1ヶ月半長かった訳ですが…

あっという間でしたね、3年間。

12月14日に行われた県リーグ参入戦、名古屋B(名古屋3位)vs豊田北(西三河1位)。

結果4-2で勝利し、来季からBチームは県4部に昇格することが決まりました。

と同時に地区2部で2位だったCチームも来季地区1部に昇格できるそうです。

この結果は名古屋高校サッカー部にとってとても大きな成果で、

各チームが少しでも上位リーグで公式戦を戦えること、

すなわちチーム全体のレベルアップに繋がります。

また噂によると、来季はDチームを作り地区2部に参戦させるとか。

4チームが公式のリーグ戦を戦えるということは、

ほとんどの選手が公式戦の出場機会を得ることができます。

部員も来年度は100人を越えるかも。

先生方は大変なご苦労があるかと思いますが、

トップチームだけの強化に偏りがちな強豪校が多い中、

ここまで全選手のレベルアップを考えている高校が他にあるでしょうか…?


高校生ですから進路も大切。

名古屋高校は本人のヤル気、努力があれば、

志望校への推薦も豊富にあります。

息子もかねてから希望していた立教大学への進学が決まりました。

先生方、コーチ、トレーナーの方々、

本当にお世話になりありがとうございました。

名古屋高校、そしてサッカー部を選んでよかった!

と、心から思う次第です。






新たな目標へ

高校サッカー部なら誰でも目標にするのが全国高校サッカー選手権大会出場。

名古屋高校の目標、全国大会出場は夢と終わった…

息子も名古屋高校サッカー部に入部した当時は夢物語だったろうが、昨年先輩達がインターハイ初出場を果たした以降は、現実味のある目標にしてきたはず。

中学部活出身でトップチームに選ばれるのは到底無理だろうと思っていたが、案の定厳しい現実が待っていた。

トップの試合や遠征に呼ばれれば喜び、呼ばれなければ次を目標に。親子共々一喜一憂しながらの日々。いつかは、という思いで一生懸命やってきた。

しかし最終学年になっても息子はBチーム登録。
でもチームの中心となってサッカーを楽しみ、リーグ戦を戦った。

お情けもあるだろうけど、節目の大会にはメンバーに選ばれ、トップチームも経験できた。

選手権最後の城西戦も、最後のホイッスルをピッチで聞くことができたそうだ。(仕事で観戦できなかったことが心残り…)

今思い返せば、文武両道よく頑張ったと言ってやりたい。

今シーズンのBチームは名古屋地区1部で3位に入り、12月に行われる県4部参入戦に臨むことが決定。

トップチームの3年は、選手権に負けた時点で終わってしまったが、Bチーム登録の3年7人は全員残された最後の目標、県リーグ昇格のために今までと変わりなく部活を継続するそうだ。

というわけで息子もあと1ヶ月半、現役を続けることになった。

目標の大きさには違いがあれど、負けた悔し涙で最後終えるのではなく、笑って現役を終えられるチャンスを得た。

最後、後輩達への置き土産として、Bチーム県リーグ昇格という結果を必ずや残して欲しい…


«努力は実る・・・?

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のトラックバック